断熱改修工事の現場から!

大手メーカーさんは、もうお盆休みに入られていますね。でも市内はコロナの問題で車や人の数が非常に少ないと思います。会津若松や喜多方も全国同様ですね。一日も早く終焉することを祈るばかりです。そんななか家で過ごす時間が多くなってきたと思いますが、リフォームをご検討中の皆様に断熱改修はいかがでしょうか。!冬の暖かさ、夏の涼しさ対策をしっかりすることがリフォームにとって一番大切なことではないかと僕は思います。確かに見た目が綺麗になれば良い!使い勝手が良くなれば良い!との考えかたもありますが、リフォームしても暖かくない?涼しくない?では、大切な資金を無駄に消費してしまうと僕は考えます。リフォームの際には、まず断熱改修をされることをお勧めします。

既存住まいの内部を一部解体して下地を作成しているところです。

あいづ暖家がいつも使っている、真っ赤なグラスウール断熱材。内側に壁をふかして、壁210㎜入れています。天井は315㎜いれたかったのですが、天井高さが低すぎて210㎜入れるのがやっとでした。

天井の仕上げ材には、セメント木毛版を使いました。お好みは分かれるところだと思いますが、僕個人的には、少し変わっていて、これもまた良いかな?と思います。仕上がりが楽しみです。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「門田の家Q1」上棟しました。!
  2. 土台敷・鉄筋検査・1年定期点検!
  3. 米杉のファザードラタン
  4. 会津の初雪!
  5. オスモクリア-塗った。!
  6. 土台敷き
  7. 表層改良工事「東桜ケ丘の家Q1」
  8. 地鎮祭「御殿場の家③Q1」

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP