ブログ更新さぼりすぎた!

前回更新から、はや10日も経過してしまいました。いくら、あわただしいとはいえ、10日はマズイです。あらためて気をひきしめなおさなければなりません。!

【喜多方の家Q1】2層目屋根施工です。1層目屋根に透湿シート貼って防水性を向上させ2層目タルキの施工です。2層目タルキ空間は通気層になっていて、住まいを湿気から守り、長持ちするよう計画しています。

屋根の端部は、タルキに通気孔をあけて通気層を確保しています。

2層屋根は頑丈だけではなく、雨音の防音効果にも優れています。ただ手間と材料かかります。・・・(笑)

2層目野地板はって、改質アスファルトルーフィング施工しました。一般的なアスファルトルーフィングの2倍長持ちする、改質アスファルトルーフィング(ゴムアス)使っています。耐久性は2倍です。見えなくなってしまう所に少しこだわっています。(笑)

天候も回復し、板金屋さんの出番です。!

棟換気も取り付け完了です。棟換気は、湿気を大気中に放出させる出口です。棟換気はできるだけ沢山とるようにしています。手間も材料もかかりますが、湿気対策は万全にすることが大切だと思います。よく北側の外壁にカビが発生している現場がありますが、大きな原因は壁体内の換気(湿気)不足が原因だと思います。ただそれだけの原因ばかりではなく、地面の湿気が多すぎる等さまざまな要因が考えられますが、不安要素を少しでもとり除くことが大切だと思います。何年もたたないうち、せっかく建てた綺麗な家の外壁にクロカビが発生しては、オーナー様に顔向けできません。僕たちのような小さな建築屋は信用第一、地元第一ですから。!

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 通風調査と建設地調査
  2. 新春打ち合わせとミニ新年会
  3. 新しいブログソフトと格闘中!
  4. OPEN HOUSE 御礼
  5. 気密測定【花見が丘の家】
  6. 付加断熱施工!
  7. 【湯川の家Q1】地縄はり
  8. 「Q1住宅」の性能レベル

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP