あいづ暖家事務所のタモ建具!

Q1住宅のミニ「体験型」のあいづ暖家事務所。300㎜付加断熱・エアコン床下放熱暖房・85%熱交換型DCモ-タ-換気システム・ドイツの木製トリプルガラスサッシ・国内メーカ-3社の樹脂トリプルガラスサッシ・スウェ-デンの木製断熱ドア・オーク無垢18㎜床材等などを装備していますが、僕個人的には、これが一番のお気に入りです。(笑)

タモ中杢の作成建具です。天井まで目一杯で作ってます。

引手も金物を使わず、同じタモの框を挟んで掘り込みました。お好みもあるかと思いますが、僕は掘り込みのほうが好きです。

個人的にタモ材の杢目が好きなんです。クライアント様にはお好みで、シナやセンまたまた杉やヒノキなど、お好みのスタイルでご提案しますので、タモ押し売りはいたしませんので、ご安心くださいませ。(笑)

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 内部床と内部建具の色決め。
  2. 【花見が丘の家Q1】各部屋の温度測定!
  3. 付加断熱工事も始まりました。
  4. 新木造住宅研究協議会(新住協)の本
  5. 会津鶴ヶ城マラソン応援!
  6. パッシブハウスの考え方
  7. 平成27年も今日が最終日!
  8. 早起きは三文の得

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP