無垢材加工の検査です。

今日は加工場で、大工さんが仕上げ材加工です。
国産吉野桧に紀州吉野杉の加工です。!!
帯のこぎりで製材して、自動鉋かけて、手かんな掛けです。!
CIMG1786

床框に使う、杉の面皮丸太のちょうな掛け材です。!!
ちょうな掛けも大変でしたが、大工さん!ありがとうございます。
(面皮丸太とは、少し丸く皮だけを残してある木材です。この皮がお洒落なのです。)
CIMG1789

当然ながら、廻縁も付鴨居も柾目ですが、今回は腰幅木も幅木も柾目にしました。
綺麗なピンクと白の柾目材。杢目もいいですが、やはり柾目は高級感があります。
CIMG1787

桧の神棚材も、綺麗に仕上がりました。
CIMG1791
でも、ここからが一段と難しい作業に入ります。
木材君達は人間と同じで、一人一人個性があり、色も違います。
色合わせをしながら、、柾目合わせをしながら取り付けしなければなりません。

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仕事納め!
  2. 断熱改修リフォ-ム
  3. お引き渡し・・しました!
  4. パッシブハウスの考え方
  5. 新年あけまして、おめでとうございます。
  6. 8/3 温湿度測定【清水が丘の家Q1】
  7. 今日は終日デスクワーク
  8. LED照明

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP