会津の初雪!

ついに降ってしまいました。天気予報が外れることを期待しましたが無理でした。(泣)やはり今年は大雪になるのですか?大方の予想が外れること期待しています。(笑)(でも除雪のお仕事されていらっしゃる方もいるので、なんとも自分の都合ばかり言ってはいられませんね。)

雪が降ると、現場の作業量が増えます。でも大切なお住まいづくりには必要なことだと僕は思っています。当然現場の職人さんだけでは間に合わなくなり、スタッフ総出で対応します。

「東桜ガ丘の家Q1」建方前の土台です。雪が積もってしまっています。

でも、安心です。養生しっかり行っています。一本一本すべてをシートで保護しています。

「西年貢の家Q1①」では、暖ったか養生です。厚手の一枚物ブルーシートの下では500Wの投光器8台で暖房しています。!北海道では屋根掛けちゃいますが、今回はこの形の養生にしました。

先日の鉄筋検査の様子から!耐震等級3の建物なので、鉄筋量と地中梁の数半端ないです。

会津若松市認定、長期優良住宅なので、排水管も特殊なサヤ管を使っています。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「年貢の家Q1」始動です。
  2. 直達日射の侵入阻止
  3. 令和二年現場始動!
  4. 「門田の家Q1」上棟しました。!
  5. 関柴の家Q1建方
  6. 土台敷き
  7. 耐震等級3の床下AC専用基礎
  8. 土台敷き

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP