鉄筋検査

今日は、鉄筋検査を行いました。
検査員さんは、住宅あんしん保証の田中先生でした。
結果は、当然合格です。検査員検査の前に社内検査もしていますので、ダブルチェックです。

CIMG0906

今回の建物はQ1住宅なので、200㎜断熱住宅です。
40年前から南極観測用建物に使用されていて性能劣化が少ないEPS断熱材を使ってます。
基礎の段階でも基礎外側・基礎内側・基礎水平・基礎スラブと、基礎の段階でも、断熱材の
嵐です。

CIMG0929

スラブ鉄筋は、ダブル筋で丈夫で長期に渡って安心強度!

CIMG0934

この冬季間の養生は特にしっかりしなければなりません。養生シ-トも普通には売ってない
10Mx15Mの大きい、大きいシ-トで養生です。基礎がすっぽり養生できます。
ただ難点は、このシ-トむちゃくちゃ重くて、大人2人いないと動かせないことです。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. デザイン住宅の勉強!
  2. 「門田の家Q1」鉄筋検査。
  3. 野村前監督・浴室でのヒートショックか?
  4. 内部床と内部建具の色決め。
  5. 祝い!上棟!in千石
  6. 鎌田先生の講義
  7. 今日から9月です。!
  8. 8/3 温湿度測定【清水が丘の家Q1】

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP