許容応力度で構造計算された基礎

「東桜ガ丘の家Q1」の基礎アンカーボルトです。一般的な家ですと12㎜のアンカ-ボルトとホールダウンボルトが埋設されるのが一般的ですが、許容応力度計算された基礎は、部位毎部品が異なります。この他に16㎜の太いアンカーボルトが多く施工されます。基礎屋さん!お手数おかけしますが、よろしくお願いします。!

アンカー検査も終了し、いよいよ打設です。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 建方!晴れました!
  2. 「喜多方町尻の家Q1」
  3. 「押切の家Q1」足場とれました。「諏訪の家Q1」も始動です。
  4. 会津各地に「Q1住宅」建設中!
  5. ダイニングテーブル造作開始
  6. 表層改良工事「東桜ケ丘の家Q1」
  7. 新プロジェクト「喜多方町尻東の家Q1」始動!
  8. 耐震等級3の床下AC専用基礎

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP