耐震等級3の金物

耐震等級3建物の金物は、正直半端ない強度のものと数を施工指示されます。確認と拾い出しにも時間がかかりますし、金物費用と取り付け手間も通常とは比べ物になりません。しかし、これだけしっかりと計算され、これだけしっかりと施工すれば、安心ですね。個人的には正直強度高すぎじゃない?と思うところもありますが、今の世の中コロナ問題同様何が起きるか未知数なので、しっかりと対応しておいた方が良いかと思います。

西年貢のQ1住宅2棟目は、基礎立ち上がり施工中です。こちらの建物も、西年貢のQ1住宅1棟目と同じ許容応力度計算から試算した耐震等級3仕様です。ホールダウン金物・16㎜アンカ-ボルトの数半端なくて、基礎屋さん大変だと思いますが、よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 明日の完成見学会会場の室温と湿度!
  2. 令和二年現場始動!
  3. 土台敷・鉄筋検査・1年定期点検!
  4. 3月初日
  5. 気密測定(関柴の家Q1)と新木場(東京江東区)
  6. 会津の初雪!
  7. 「門田の家Q1」現場レポート!反時計廻り②
  8. 番帳免の家Q1 基礎工事

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP