現場確認確認の巻!

門田の家Q1では、解体工事が進行中です。バックホーも敷地内に無事はいってひと安心です。解体屋さん、安全第一で作業お願いします。!

それから湯川の家Q1へとまわってきました。気密シート施工後、電気配線層の確認です。気密シートを少しでも傷つけたくなので、配線層下地を作っています。その中に電気配線を通すことで、気密も断熱もしっかり取れます。手間や材料費はかかりますが、一度施工したら、何十年先、何百年先までこのままなので、特に気をつかって施工しています。

壁を貫通する穴には、気密処理部材、ドームパッキンを使います。

気密シートもピンと張っていて、OKですね。!

外部では、外壁施工が始まりました。湯川の家Q1では、窯業系サイディング仕上げです。クライアント様のご希望に沿仕上げ材を決めています。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「門田の家Q1」現場レポート!反時計廻り②
  2. 地震に強い耐震等級3の家
  3. 構造計算(許容応力度)3棟完了!&3棟着工です。
  4. 年間光熱費『塩川の家Q1』
  5. 「西年貢の家Q1」解体工事が終了しました。
  6. 部分断熱改修工事
  7. 「清水台の家Q1」プロジェクト始動です。!
  8. 許容応力度で構造計算された基礎

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP