湯川の家Q1付加暖熱下地

ここ最近現場まわり&プラン作成が続いてます。!少し年をとってきたせいか現場まわりしてからデスクでプラン作成をすると、ベストプランがなかなかでてきません。う~ん・・・体力がなくなってきたようです。仕事内容を逆にするといいのかな~?判断が難しいですね。

でも現場は素敵ですね。生きているとゆうか躍動感があるとゆうか!現場にいくと癒されます。

湯川の家Q1では耐力壁合板作業が終了しつつ、付加暖熱下地にとりかかりました。

今回は付加暖55㎜です。壁厚160㎜! この厚さでも次世代省エネ北海道基準住宅の性能をはるかに超えます。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 門田の家Q1プロジェクト始まりました。
  2. 定期点検&アフタ-
  3. 木毛版の天井
  4. 涼しさ・暖かさのポイント!付加断熱!
  5. 「門田の家Q1」鉄筋検査。
  6. パッシブハウスの考え方
  7. 【塩川の家】温度測定調査中!
  8. 300㎜断熱の家!完成!

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP