もうすぐ12月です。あわただしさMAXです。

あわただしさMAXで、ブログの更新もながい間更新せずせずになってしまいました。ようやく落ち着きをとりもどしてきたかな?とゆう感じです。ただ例年師走は通常業務+年末業務が重なるので、あわただしさは変わらないかな?と思っています。

「鳴神の家Q1」では、造作家具作成中です。内装工事も終了し、いよいよ終盤です。クライアント様のご厚意により、お正月期間オープンハウスでお披露目させていただく予定です。

足場もとれました。ドイツ製電動ブラインド「ヴァレーマ」の効果が最高!お披露目の際には、是非ご覧いただければ幸いです。

造作食器棚。いい感じの色に仕上がってます。プラネットジャパンのクリアー色で塗装していますが、しっとり濡れ色になります。

TVボードも、食器棚も、同じ素材を厳選し、同じ風合いになるよう仕上げています。TVボードの上に置いてあるのは、あいづ暖家の標準仕様ドア、「カミヤコーポレーション社」のフルハイトドアです。つくりもしっかりしているし、ドア高さも天井まであるので、室内空間に広がりが出てきます。そしてなにより、ドアの反りに対してはメーカー永久保証の高品質ドアです。

「塩川改修工事の家」では、もうすぐ足場がとれます。外壁張替工事も終了しました。

屋根塗装も終了です。

玄関部のアクセント木製板張り「モカウッド」の加工中。

色合いも、いい感じです。本物っていいですね!

「諏訪の家Q1」では、内部木工事もうすぐ完了です。天井に変化をもたせるためこしらえた折上げ天井と、板張りの木目方向をかえたジョイント部、いい感じに仕上がりました。ここに間接照明が設置されます。

ひなだん階段も完了です。のこすは手摺!どんな手摺になるかは、お楽しみです。(笑)。下部に見える穴は、「床下エアコンシステム」の心臓部になるエアコンBOXです。

「綾金の家Q1」では、基礎工事がもうすぐ終了です。12月初旬の上棟にむけてラストスパートです。床下エアコンシステムと耐震等級3の長期優良住宅仕様。地梁が半端ありません。基礎屋さん大変ですが、がんばっていただいています。(あいづ暖家の基礎はめんどくせ~!といつも職人さん愚痴いってます。(笑))

土間シート完了風景です。これから防蟻断熱材をくまなく貼り付けていきます。

白蟻防止の対策は何重にも施します。断熱材同士のジョイント部すべてには、防蟻シーリングを塗布して、白蟻の侵入を防ぎます。

土間下断熱材が完了し、鉄筋工事も完了です。耐震等級3と床下エアコン専用基礎(地梁基礎)の鉄筋は多くの鉄筋が必要になります。1棟1棟許容応力度計算にもとづいた鉄筋配置です。

土間コンクリート打設です。天気にも恵まれて、ひと安心でした。

立ち上がりも完了し、脱枠&清掃です。脱枠後、二つ目の白蟻対策を施していきます。左官屋さんが、断熱材全面にカチオンモルタルを塗布していきます。これが終了すれば、埋め戻しが可能になります。

以上、現場レポートでした。いつも言い訳していますが、もっとこまめにレポート提出しなければなりません。またまた反省です。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「押切の家Q1」足場とれました。「諏訪の家Q1」も始動です。
  2. エッグウォールの内装工事
  3. 門田の家Q1長期優良住宅認定
  4. 新プロジェクト始動!
  5. 断熱木製サッシと断熱木製玄関引戸の取り付け。
  6. 会津の大雪
  7. 20日ぶりのブログ更新になってしまいました。
  8. 思い出の詰まった木材

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP