曲がり家の地縄はり「北町上の平家Q1」

あらたなプロジェクトが始動しました。今月末竣工を迎える「北町上の家Q1」に続き、同じ町内で「北町上の平屋Q1」の地縄はり開始です。「平屋の建物」+「曲がり屋」の建物です。当然断熱性能は断熱等級7・耐震等級3のスーパー高気密高・断熱を狙って設計中です。曲がり屋の場合、普通の建物と異なりすべてにおいて複雑で難しい建物ですが、技術でクリアしていきます。

曲がり屋のため、採光や窓の配置も複雑になってくるため、早めに地縄をはってクライアント様と協議。進行中の設計に落とし込んでいきます。この日は快晴で気温も高し!。僕は草刈りの段階でグロッキー気味(笑)。若い大工のゆーと君は、まだまだバリバリです。年齢を感じてしまいました。

一方「番帳免の家Q1」では付加断熱工事がはじまりました。

rbt

外壁側にも断熱材・内壁側にも断熱材を挿入するための下地づくりです。

「番帳免の家Q1」当然のごとく、断熱等級7・耐震等級3のスーパー高気密・高断熱住宅です。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ダイニングテーブル造作開始
  2. 表層改良工事「東桜ケ丘の家Q1」
  3. 耐震等級3の床下AC専用基礎
  4. 関柴の家Q1建方
  5. エッグウォールの内装工事
  6. 「御殿場の家Q1」基礎完成!
  7. 竹取物語から地鎮祭
  8. 床下エアコン・階間エアコンの実力②

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP