上棟おめでとうございます。

今日は友引です。上棟には大安の次に良い日とされています。(いろいろな考え方がありますが)ただ11:00~13:00の間は、あまり良くないと言われていますので、その時間帯には棟を上げるのを避けています。屋根の一番上の木材が棟木と言われ、その棟木が取り付けられた時が上棟です。(これもいろいろな考え方ありますが)

無事棟が上がりました。クライアント様、誠におめでとうございます。今後とも安全第一で進めていきます。よろしくお願いいたします。

屋根の上では桁上断熱施工中です。この断熱手法は新住協メンバーしか、やらない手法かもしれません。全国の新住協メンバーには当たり前の手法になっていますが、僕は会津でこの手法で施工された現場は見たことがありません。もしかすると、施工されているところもあるかもしれませんが?

桁の上にも水平剛性をとるための厚手の合板を貼り付け、マッチ箱スペシャルにしています。(笑)マッチ箱は中の箱を抜くと弱いですが、箱をいれたままだと結構強いのです。この原理です。

キチンと気密処理をして、キチンと雲筋違施工して、この後断熱材を315㎜の厚さで施工します。105㎜の断熱材を3層入れます。これがあいづ暖家、暖かい家の秘密です。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 上棟!
  2. 外構工事デーと造り付け家具の木取り
  3. 表層改良工事「東桜ケ丘の家Q1」
  4. 「西年貢の家①Q1」建方はじまりました。
  5. 年間光熱費『塩川の家Q1』
  6. 新プロジェクト「喜多方町尻東の家Q1」始動!
  7. 耐震等級3の金物
  8. 思い出の詰まった木材

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP