飯寺の家Q1

「飯寺の家Q1」の住宅性能値は、断熱等級7です。設計時のQPEXシュミレーションソフト計算データがこちらになります。自然温度差は10.23℃で10℃越えのベストな設計値。クライアント様のご希望で床断熱仕様となっています。床断熱材の厚みは165㎜・壁210㎜・天井500㎜の厚さに包まれた、夏涼しく、冬暖かい住環境です。

現場では床断熱の施工がすすんでいます。桧の土台に桧のネタ掛け。そして桧のネタです。床周りは桧材を使っています。先行先張りシートと気密処理もしっかり行います。

床1層目の断熱材。厚さ105㎜密度16㎏です。無機質のグラスウールなので経年劣化による寸法変化も少ないため、隙間が生じる恐れが極めて低いです。暖かそうです。

2層目のグラスウールボード厚さ60㎜です。2層目は1層目より少し薄いですが、そのかわり密度が倍近くある32㎏品を挿入します。そのため実質的には210㎜位挿入していることになります。

外部では付加断熱の下地作成がはじまりました。外部の下地材にも桧材を使っています。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 建方前段取りとお引渡し前段取り
  2. 「押切の家Q1」足場とれました。「諏訪の家Q1」も始動です。
  3. 暖かさの命!付加断熱施工しています。!
  4. 会津の雪と夜の外観
  5. 「番帳免の家」住宅性能
  6. 「御殿場の家Q1」地鎮祭!
  7. 半月ぶりの更新となってしまいました。
  8. 気密測定「町尻東の家Q1」

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP