構造計算(許容応力度)3棟完了!&3棟着工です。

許容応力度による構造計算が完了しました。3棟ほぼ同時開始でしたので結構ハードでしたが、今はホットしています。(笑)着工前の打ち合わせもほぼ完了し、いよいよ着工です。

「西年貢の家Q1-①」の丁張工事完了です。

「西年貢の家Q1-②」は、もうすぐ丁張工事です。

「東桜ガ丘の家Q1」は表層改良工事&丁張工事完了です。

「東桜ガ丘の家Q1」は表層改良工事を行ったので、工事後、再度地盤強度を測定するために地盤調査を行いました。地耐力がどこまで回復したのか正しい数値の根拠が必要です。その正しい地耐力データにあわせて基礎の設計を行います。(耐震等級1では必要ありませんが耐震等級2・3の建物は必須だと僕は思います。)

調査会社さんからきた報告書の一部です。改良後の考察は、布基礎・ベタ基礎まで回復しました。地耐力も長期許容支持力で42KNとなり安心です。

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 耐震等級3の床下AC専用基礎
  2. 「本郷の家断熱改修」床下編
  3. 明日は構造見学会です。IN会津若松
  4. 竹取物語から地鎮祭
  5. 番帳免の家Q1 基礎工事
  6. 地鎮祭「御殿場の家③Q1」
  7. 「喜多方町尻東の家Q1」いよいよ着工です。
  8. 建方!晴れました!

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP