郡山市「鳴神の家Q1」基礎打設

建て方に向かって、基礎工事も進行中です。スラブコンクリートの打設です。基礎屋さんも、ポンプ屋さんも、そして僕もみんなあいづの業者さんです。(笑)だから、あいづ暖家かな?

「鳴神の家Q1」は2階リビングの建物なので、床下エアコンではありません。なので基礎立ち上がりが多くなっています。許容応力度計算にもとづいた耐震等級3仕様なので、スラブ鉄筋の間隔はD13の150㎜ピッチです。

天気もなんとか曇りだったので、よかったです。作業はしやすかったです。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ダイニングテーブル造作開始
  2. 「押切の家Q1」足場とれました。「諏訪の家Q1」も始動です。
  3. 「町尻東の家Q1」上棟
  4. 「喜多方町尻の家Q1」
  5. 断熱木製サッシと断熱木製玄関引戸の取り付け。
  6. 付加断熱と内部断熱工事
  7. 「喜多方町尻東の家Q1」いよいよ着工です。
  8. 上棟しました「鳴神の家Q1」

ピックアップ記事

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP