木毛版の天井

先日、あいづ暖家事務所にてクライアント様とお打ち合わせさせていただきました際、「暖家さんの事務所は高気密・高断熱に仕上げているけど、あまり音が反響しないですね!」と感想をいただきました。僕たちの事務所は断熱改修により高気密・高断熱になっていますが、天井に木毛版を採用しました。採用した理由は、①クロスや板張りではなく、なんか変わったのないかな?⓶打ち合わせ中の反響音③見た目的なデザイン。の3つでした。(笑)その理由②に該当して良かったです。嬉しいです。!

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鉄筋検査
  2. Qペックスエネルギ-計算
  3. 24時間全館暖房ひと冬燃費 ¥4.5000弱の根拠!
  4. 300㎜壁断熱の窓とトンボの竹細工
  5. 基礎の内部・・高圧洗浄!
  6. 地鎮祭の竹取り娘(娘ではないかも?)
  7. 太陽光発電7KW搭載工事完了!
  8. 涼しさ・暖かさのポイント!付加断熱!

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP