暖か付加断熱施工中

ここ最近の会津は暖かいです。でも明日からまた冬将軍が会津にやってきそうです。その前に暖か付加断熱施工中です。天気が回復したので、工事看板シートもとりいそぎ一枚取り付けました。

あいづ暖家の住まいは許容応力度計算にもどずいた構造計算を行い、耐震等級3を推奨しています。でも間取りなどによっては耐震2でおすすめすることもあります。耐震2とは言っても病院や学校の建物クラスなので安全です。国が定める長期優良住宅は耐震2以上が求められる住宅となっています。コストとのバランスも大事と思っています。

外部では付加断熱下地が終了し、暖ったか付加断熱材挿入中です。

内部にも暖ったか断熱材挿入しています。

天井にも暖ったか断熱材315㎜(3層)挿入してます。

桁上断熱施工なので、暖かさはもちろんのこと、家がぐるっと耐力壁に覆われている状態になりますので、気密性も水平構面の強度も文句なしに仕上がります。

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 内部側断熱材挿入!
  2. 「東桜ケ丘の家Q1」始動です。!
  3. 気密測定「西年貢の家Q1①」 0.15
  4. 内壁側断熱材充填
  5. 許容応力度で構造計算された基礎
  6. 地鎮祭【諏訪の家Q1】
  7. 桁上断熱
  8. 足場とれました。!

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP