付加断熱と内部断熱工事

しばらくぶりのブログになってしまいました。大変ありがたいことに日々お仕事させていただいています。クライアント様に心より感謝申し上げます。

「押切の家Q1」では付加断熱と内部断熱の工事が、まもなく終了です。

付加断熱状況です。外部の壁にビッシリと断熱材を挿入していきます。

黒いシートはウルト社製透湿シートです。「押切の家Q1」の外壁材は焼杉板を採用しますので、いつも使っているデユポン社のタイベックの透湿シートの上をいく高性能品を施工しました。(もちろんタイベックも高性能品です!)断熱材を挿入して、透湿シートを素早く施工します。

内部も断熱材ビッシリと挿入完了です。こちらは防湿シートを施工します。この後屋根断熱材も挿入しますが、屋根断熱材の厚みが400㎜x高密度32㎏になります。ただの吹き込みだと密度が10㎏から18㎏にしかなりません。厚みも大切ですが、この密度こそ断熱性能には重要だと思っています。断熱性能が大幅に向上します。「押切の家Q1」のUA値は0.26。とても高い性能です。

外壁に焼杉をつかうと、こんなイメージに仕上がります。(この画像は押切の家Q1ではありません。)5月の連休あけから貼り始める予定です。仕上がりが楽しみです。

 

ゴール

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「喜多方町尻の家Q1」
  2. 板塀つくり!
  3. 進んでいます。各「Q1住宅」現場!
  4. お正月あけのあわただしさ。
  5. 現場確認確認の巻!
  6. 地震に強い耐震等級3の家
  7. 年間光熱費『塩川の家Q1』
  8. 鎮物

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP