見学会前の木製建具取り付け「押切の家Q1」

会津若松城の門戸に使われるような木製板戸取り付けを行いました。今週末に完成見学会を開催させていただく「押切の家Q1」。

フラッシュ戸(中抜き戸)ではなく、全てが厚板米ヒバ材の無垢建具。半端ない重さです。だからこそ、長年渡って丈夫です。会津藩時代の鉄砲の弾でも貫通しないと思います。(近代の兵器には無理かもしれません。)

重厚感ある板戸。彫り込み取手も味があります。今日は取り付けのみなので、米ヒバ材特有のバナナ色ですが、これから塗装に入ります。

内部はモルウォール仕上げの造作キッチンとモルウォール床と無垢オークの床材の相性がとてもいい感じです。壁は漆喰塗装!R壁やR下がり壁も多様しました。デザインとハウジングパフォーマンス UA値驚異の0.25.!  真夏でも床下エアコン1台稼働でひんやり涼しい空間となっています。今週末の土日完成見学会です。」この真夏の暑い季節に是非「Q1住宅」のハウジングパフォーマンス(住宅性能)をご体験いただければ幸いです。完成見学会へのお申込みは、お電話又はWEBのお問い合わせ欄からお願い申し上げます。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. Q値1.0の断熱・耐震等級3・「新しい時代の屋根」屋根が太陽光ハ…
  2. 2棟同時完成見学会、初日の御礼
  3. 「押切の家Q1」完成見学会のご案内
  4. 完成見学会のお知らせ!「御殿場の家Q1」
  5. お施主様のご厚意にて完成見学会!
  6. 明日は「東桜ケ丘の家Q1」完成見学会です。
  7. 断熱構造見学会のお知らせ!「御殿場の家Q1」
  8. 完成見学会のお知らせ

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP