思い出の詰まった木材

今日の会津の天気は雨。朝方は凄い風が吹いて、現場の足場が心配になりました。でも安全の為確認にいったら問題なしで安堵しました。今日の強い風は春一番かもしれないですね。これから春です。(嬉)

そんな暴風雨の中、加工場でひとり、もの思いにふけっていました。(笑)「西年貢の家Q1」のお住まいは既存住宅解体後の建て替えです。その旧家解体時に、思いでが沢山つまった木材、長年ご家族と共にされてきた木材を保管し再利用を検討。今まで何十年も一緒に生活されてきた旧家の木材。クライアント様よりご依頼いただいて、新しいお住まいに、どう料理するか思案中してました。設計段階で何候補かの適材適所を考えていましたが、正直いまだに悩んでます。う~ん!難しい。

間接照明もいい感じ!欄間から透き通る光の線はいい感じです。

でも、これもいいな~!玄関にオブジェ。

これもいい。悩みすぎて進まないので、クライアント様に相談します。(笑)

旧家から大事に引きあげてきた木材は、欄間の他にもあります。おとうさん、おかあさんが長年子供さんたちの成長を記した柱です。成長した年月毎にマーキングがされています。お子様たちは親御様の愛情を沢山うけて成長されたんでしょうね。少し涙がウルウルです。感動しました。

長年愛用されてきたカウンター材。とちの木っぽいです。旧家の築年月日から考えると50年以上は経過しているので、この木が産まれたのは百年以上前かな?歴史を感じます。そしてこの歴史ある木材を、これから何十年と住まい続ける新居にどう活用するか?難しいです。責任も感じます。胃が痛くなってきました。(泣)でも、頑張ります。クライアント様に相談して!(笑)

悩んでの結論はクライアント様に相談することにしたので、他業務にレッツGOです。「東桜ケ丘の家Q1」クライアント様と現場待ち合わせで内部視察をしていただきました。ついでに、国土交通省に提出する太陽光の写真を撮影です。「東桜ケ丘の家Q1」はゼロエネルギー認定住宅です。(ZEH)です。国土交通省さんから補助金もいただけます。その額結構よいよい金額です。詳しくは「地域型住宅グリーン化事業」で検索ください。お得な内容満載です。ただ、その住宅に認定されるには、さまざまなハードルを越えなければなりません。でも、あいづ暖家の「Q1住宅」ならそう難しくはないです。

 

帰り際、クライアント様より、また暖かいお心差しをいただいてしまいました。いつも本当にありがとうございます。。美味しくごちそうになります。ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
アバター

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 足場とれました。!
  2. 鎮物
  3. 構造計算(許容応力度)3棟完了!&3棟着工です。
  4. 3月初日
  5. 年間光熱費『塩川の家Q1』
  6. 地震に強い耐震等級3の家
  7. 20日ぶりのブログ更新になってしまいました。
  8. 上棟!

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP