新住協総会&全国研修会2日目

全国研修会2日目は、開催地会員さん施工の現場視察です。今回は新住協宮城支部の建築工房零さんと久保田理事の自邸です。まずは零さんの現場から!

大型バス4台に乗り込んでの勉強会です。人いっぱいです。

外壁は、僕たち会津暖家でも使っている赤身杉板のウッドロングエコ仕様に押し縁仕上げです。

和小屋表しの天井です。天井高さをグット押さえることによって、気積を減らし断熱性能を向上させ、建築費のコストダウンを図っています。また重心を低く抑えることによって、落ち着きのある空間に仕上がっています。吹き抜けも設けたことで圧迫感をなくしています。さすがです。今までは、天井が高いのが好まれましたが、著名な建築家さんたちが建物の高さをグッド低く抑えることが主流になってきていることもあり、これからはこの形が主流になっていくのではないかと思っています。温熱環境にも優れ、コスト的に優れれば、多くのクライアント様に『Q1住宅』をお届けできます。

リビングと続き間和室に段差を設けて、冷暖房用床下スリットがあります。段差に抵抗がないクライアント様にはGOODです。段差があることにより室内空間にも変化がでてます。お洒落!

外構もまたGOODです。植栽とちょっとした離れのバランス見事です。庭には池もありました。

次に向かったのは、新住協久保田理事の自邸です。自邸では建て方のあと断熱勉強会があって参加していたので、完成はどうなったかな~?と興味深々でした。

うわ~!また人いっぱい~!人混みをくぐり抜けての勉強会(笑)

玄関は断熱性能を向上させるため一般的な玄関土間がありません。今までの考え方ではなく、これから主流になるかもしれません。断熱こだわっています。

冬場の日射取得に対応した大型窓が半端じゃありません。太陽エネルギーだけで暖房器具いらないんじゃね?って感じです。

もちろん夏場の日射遮蔽にもこだわっています。全窓がすだれ対応!夏場の日射をふせぎます。

自然対流に不可欠なリターン用スノコ床です。

吹き抜け大きいな~!

サッシは壁の中に押し込んで断熱性能を向上させるとともに。デザイン的にも凹凸が出来てお洒落!一石二鳥ですね。

1階の外壁は、無垢板30㎜のファザードラタン仕上げに2階は塗り壁の横引き仕上げ。赤色のアクセント壁もGOODです。

1年に1回の全国研修会。大変勉強になりました。僕たち会津に全国の素晴らしい技術やデザインをもってこれるよう、更なる精進をしなければ!と気合がはいりました。(笑)

 

The following two tabs change content below.

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 新住協 福島支部会議
  2. 技術研修会に行って勉強!
  3. 新住協総会&全国研修会1日目
  4. 住まいの「知っ得セミナー」!IN山形・・会津は?
  5. 新住協 山形支部の研修会にお邪魔しました。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

PAGE TOP