新住協 山形支部の研修会にお邪魔しました。

山形支部さんから『勉強になる研修内容だから来てみたら!』と声をかけていただいたので、福島支部 会津暖家齋藤!ご迷惑ながら勉強しにお邪魔してきました。(笑)今回の研修内容は【顕熱と潜熱】。言葉では理解しているものの、奥深いところまでは、まだまだ到達してませんから。(泣)

研修会の前に、山形支部総会もあったので、これもまた勉強のために参加しました。事業計画だったり、技術計画だったり、これもまた、学ばせていただきました。!

まずは、山形支部長である酒田のコスモホーム柿崎さんの挨拶から!司会は山形支部事務局である山形市はコルポ建築設計事務所石山さんです。総会が無事終了すると、研修にはいります。講師はパラマウント硝子工業、断熱材博士の大槻さんです。

大槻さん、さすが博士です。奥の奥まで追求した話になると、何を言っているのかサッパリわかりません。(笑)やはり大学をでねば、大学院をでねばなりませんでした。(笑)

でも、さすが博士です。僕みたいな学力不足人間にも分かるよう、エクセルでプログラムを作ってくれていました。良かった~。これで理解できます。入力すると科学的データーが一目瞭然!ふむふむ。勉強楽しいです。(笑)

こんなプログラムも! 住宅の壁体内状況を科学的に算出するアイテムです。新築計画はもとより断熱リフォームにも科学的根拠で検討することができます。これもまた嬉しいです。!

室内温度を下げることは、エアコン等の機械設備を使えば簡単にさがります。エアコンの消費電力もそれほどではありません。しかしながら、湿度を機械設備で下げようとすると、莫大な消費電力が必要になってきます。では、どうれば良いのか?・・・そんな勉強しています。!

エアコン機能では、冷房が良いのか?除湿が良いのか?そんな勉強もしています。!

総会・研修会が終了し、コルポ建築設計事務所石山さんから新しい本をいただいてきました。

そこで少しPRを(笑) 南東北(仙台・山形・福島)の高断熱住宅の本は①号②号が出版されていますが、このたび北東北(青森・秋田・岩手)の高断熱住宅①号が出版されます。また、隣県山形では、山形家づくりの本が出版されます。ご興味ございましたら、何卒よろしくお願いいたします。

最後は情報交換の場でもある懇親会にもお邪魔してきました。まず天童市は、高橋工務店高橋新支部長の挨拶から!高橋さんは、TV劇的ビフォーアフターでも放映された断熱改修工事をされた工務店さんです。高橋さんはじめ、さまざまな情報、意見交換、そして学ばせていただきました。ありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.

齋藤 一栄

会津暖家 家長。

最新記事 by 齋藤 一栄 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 技術研修会に行って勉強!

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

PAGE TOP