モカウッド材入荷しました。

塩川町の外壁リフォーム工事現場で外壁の一部アクセントに採用する、長野県産カラマツ、無酸素ノンケミカル熱処理材「モカウッド」が入荷しました。モカウッドはカラマツ材(木材)を熱処理(燻煙)をする前に減圧機の中で酸素を完全になくし、加熱水蒸気で熱処理を施した木材で、腐らず、変形しない外壁カラマツサイディングです。一般的に外壁に木材を使う場合、無塗装や自然塗料やウッドロングエコで加工しますが、モカウッドの場合、燻煙処理しているので、塗装なしで自然のブラウン色が特徴です。経年劣化や腐朽にも強く、経年劣化により塗装が剥げるといったこともありません。メンテナンスはめんどくさいと思うお客様には、最適な無垢木材外壁材かと思います。

塗装もしていないのに、この色合いが出ます。燻煙木材だから含水率も大変低く、腐朽菌が近寄りにくいかと思います。

一方、自然の木肌が好き!と言われるお客様には、こんな高級木材も入荷しました。米ヒバ材の綺麗な柾目だけの板材です。フローリングにもGOODです。

透き通った柾目が印象的な米ヒバ。これから、お嫁に向かうため加工しますが、仕上がりが楽しみです。

またまた一方、過日お引渡しさせていただいた「押切の家Q1」の板塀です。こちらは、ヒノキ材にドイツ、オスモ社の自然塗料を塗布しました。自然の産物木材って味わいがあって、とても素晴らしく、そして素敵なものだと感じています。

 

The following two tabs change content below.
アバター

齋藤 一栄

会津暖家 家長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神棚板作成「塩川御殿場の家Q1」
  2. アッシュ材(タモ)の階段笠木にひと手間!

ピックアップ記事

最近の記事

PAGE TOP